【社台TC】先週末の出走結果(2023/6/22~23)

社台TCのバニーホップが出走しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バニーホップ

クラブコメント

6月23日(日)函館1R・芝1200m(牝馬限定)戦に▲川端騎手52kgで出走、馬体重は410kg(+4)でした。

レースでは五分のスタートから、促していきましたがダッシュはつかなかったことから、序盤は中団馬群の内めで脚をためていきました。勝負どころでは外めにポジションを移して、徐々に差を詰めながら直線に向きました。しかし、追い出してから前が狭くなって躊躇する場面もあり、前が開いてからながら懸命に脚を伸ばしましたが、最後は逃げ切った勝ち馬から1秒差の7着まで順位を上げたところがゴールでした。

レース後、川端騎手は「スタートはスムーズに決まりましたし、距離短縮の一戦でしたが、しっかりハミを取って走ることができていました。ただ、直線では前が狭くなる場面があって、そこをうまく捌けていればもう少し違った結果になったと思います。申し訳ございません」と頭を下げてコメントしており、また辻野調教師は「初めての1200m戦で流れに乗るのに少し苦労していたように感じましたが、終いはしっかり反応できていましたね。権利を逃してしまったので、次走は流動的になりますが、このまま滞在で続戦できるように準備していきます」と話していました。

感想

直線うまく捌ければ掲示板はあったと思いますがそこはやむなし。前につけられないのでさすがに1200mは距離が短すぎるのかと思いましたが、陣営はあまりそう考えていないみたいですね。札幌1500mへ転戦するのがいいと思いましたが、このままだと再度1200mでしょう。後方からで北海道の1200mを差せるイメージが沸かないのですが、短距離戦に慣れて先行できることを期待するするべきでしょうか。使えてあと2戦かなあ、なんとか前進を。

※写真の一部やコメントの提供元は社台サラブレッドクラブであり、掲載許可を頂いております。