【ロード】出資馬の状況(2022/7/14)

ロードサミット、ロードアスタリスク、イネフェイブルの更新がありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロードサミット

ロードサミット

調教師コメント

元々の筋肉質な馬体が成長するに連れて一層パワフルな姿に。血統背景や全姉の主戦場からも活躍の舞台は短距離路線でしょう。スプリンターとしての資質に期待を抱く1頭。でも、1600mぐらいまで対応できるように育てて行こうとも考えています

スタッフコメント

7月5日(火)にハロン15秒台のラップを刻んでおり、勢いを保ったままゴールへ到達。気持ちも適度に乗っていて、暑さに滅入る様子も見せていません。厩舎サイドに直近の動きを報告。今のデキをキープしつつ、入厩に備えた調整を進めましょう

感想

ズブいズブい言われていたのがようやく前向きなコメントだけになりました。7月中下旬に入厩予定と発表されており、調教師コメントも出ましたが、マイル対応は実際に可能でしょうか?全姉は1000m専用機としてダート1000mを探し求める生活を送っているので、マイルは理想ですがせめて1200mは守備範囲であってほしいものです。

ロードアスタリスク

ロードアスタリスク

スタッフコメント

時折、尻っ跳ね等のヤンチャな面を覗かせるとは言え、このぐらいは2歳の若駒ならば当たり前の範囲。気性的に難しいタイプとは思いません。7月9日(土)にはハロン15秒ペースを消化。同様のパターンを繰り返し、体力作りに励みたいです

感想

初めて気性面でのコメントが出ましたが大したことはなさそう。他馬のコメントを見ているとやばい気性の場合はもっと深刻そうにコメント出てます。基本的には体力向上を繰り返しコメントされているので、このまま15-15を積み重ねて秋デビューを目指す感じかな。気になるのはジョージステーブルに坂路がなさそうなところ。近年は基本坂路で鍛えるイメージなのでちょっと不安なんですが。ただそもそもジョージステーブルに関してはネットでもほとんど情報がないので、実際にはあるのかも?よくわからないので情報公開してほしいです。

イネフェイブル

イネフェイブル

スタッフコメント

緩やかなリズムでダートコースを周回する内容。無理に矯正するのは避け、馬自身を納得させながら動きのバランスを整えたいです。先週半ばの時点で442kgだったウェイトは増え続けている感じ。もう少しは見た目の余裕を持たせようと思います

感想

やはり走行フォームに難ありのようですね。矯正方法とかよくわからないのですが教えれば直るもんなんですかね?そもそも馬が納得してフォーム変えるとかよくわからないんですが(笑)。体重が増加傾向というのは良い話。昨年募集時の体重からほとんど変わっていなかったので、ここにきて成長というのはとても明るい材料です。ハロン22~25秒とかなり緩い調教のようなので、フォーム矯正のこともあり、少しデビューまでは時間がかかるような気配になってきました。遅めの生まれですし、じっくりお願いしたいと思います。

※写真やコメントの提供元はロードサラブレッドオーナーズであり、掲載許可を頂いております。